病院薬剤師と調剤薬局薬剤師の違いって?

以前は調剤のほとんどが病院で行われていました。その当時の薬剤師はもちろん病院に勤務し、調剤業務・患者さんへの服薬指導を中心に仕事を進めていました。しかし医薬分業が進み調剤薬局が増え、就業している薬剤師の半数以上が調剤薬局に勤務しています。

病院に残る薬剤師の役割は、調剤業務の割合がかなり減ったことにより大分変化してきました。その点も踏まえて、調剤薬局薬剤師と病院薬剤師の違いについて考えてみましょう。調剤薬局薬剤師の主な仕事は、医療機関の医師より発行された処方箋が患者さんにより持ち込まれ、それを調剤し服薬指導することです。

患者さんが正しく服薬するようきちんと説明する必要がありますし、接客業務の割合も大きくなります。 その他にも、医薬品が切れないよう在庫管理・発注業務を行い、医薬品を適正に管理し、薬剤の点数計算等もします。病院薬剤師も一部同じような調剤業務もありますが、主な調剤対象は入院患者さんで、病棟業務があります。

入院患者さん向けに調剤をし、服薬指導をします。調剤もカルテを読み、体調等に合わせ調剤を進めます。 調剤薬局と異なるのは、薬の効果の確認ができる点です。効果の具合によって調剤も調整していきますし、効果を確認できることは、薬剤師としてのモチベーションにも繋がります。薬局には来ない重度の患者さんを担当できる点も異なる点です。

また、入院、来院、急性の患者さんに対しチーム医療を行うケースもあり、薬剤師として参画すれば医師、看護師、栄養士等とチームを組み、連携しながら患者さんの治療にあたることもあります。会議等にも参加し、より他の専門家と関わりながら医療現場に携わる機会が持てます。

そして、調剤薬局では扱わない薬剤に接する機会が増えます。例えば、注射剤の混注業務や、抗がん剤の準備等は病院薬剤師ならではの仕事です。しかし、これらは病院の専門や規模によっても異なってきますので、仕事内容は事前にしっかり確認しておく点は気をつけましょう。病院によっては夜勤や当直もあります。

収入についてですが、病院勤務は激務で専門性が高い上に、休みも不規則で少ないながらも、薬剤師の職場の中でも最も給料が低いと言われています。

病院薬剤師の年収は450万~650万円と言われていますが、30代を超えても500万円に届くのもなかなか難しく、調剤薬局薬剤師が若いうちから500万~600万円の収入を得るケースが多いことと比べると、かなり高収入が難しくなっています。

しかしそれにも関わらず、より医療に関わることができ、スキルアップができる職場として病院薬剤師は非常に人気であり狭き門でもあります。そのことからも、充実した職場であることがわかるでしょう。

病院薬剤師への転職をお考えながら、専門求人サイトの利用をおススメします。求人数が少なくても専門サイトなら求人が集まりますし、業務内容や職場環境についてもサイトや専門コンサルタントを通して多くの情報を集めることができますよ。おススメサイトを下からご案内しますね。