病院薬剤師の給料・年収は?

薬剤師の職場は様々ですが、病院勤務が非常に人気になっています。しかし、仕事内容も幅広く、高度でありながらも薬剤師の職場の中でも一番給料が低いとも言われています。実際に病院薬剤師の給料や年収はどのようになっているのでしょうか?

病院薬剤師の年収は400万~600万円と言われており、調剤薬局やドラッグストア勤務の薬剤師の年収が若いうちから500万円台、600万円台になるケースが多いのに対して、かなり見劣りする場合が多くなっています。 初任給は18万~22万円と低めで、その他の職場での初任給は23万円~というのが相場ですので、スタートから出遅れてしまいます。

生涯賃金で見ても病院薬剤師の金額は低く、最も高い製薬会社では年収1000万円に届く薬剤師もいますので、差が大きいことがわかります。それでも病院薬剤師が人気で選ぶ人が多いのは、なんといっても医療に最も関われる職場であり、薬剤師としての知識と経験を多く得られる場所であるからです。

そしてもう一つは、その安定性にもあります。病院薬剤師の給料は、最初こそ低くても、年齢に応じて安定して昇給される傾向があります。安定した昇給があれば確実に給料は上がっていきます。

また、国立や公立の病院に勤務し公務員として就業する場合は確実な昇給に加えて昇給による給料アップも期待できます。着実に勤務していくと、職場によっては800万円近くまで達する所もあります。退職金も公務員に準じた額が支給されるので、生涯賃金としてはぐっと高くなってきます。

一般の病院でも、国立や公立の病院より最初の給料水準が高い場合が多いです。ですが、その後昇給していけるか、昇給はどうなるかで差が大きく出てくる可能性があります。よって、病院の形態や規模によってかなり年収が変わってくることには注意が必要です。

昇級の制度が充実していなかったり、病院薬剤師は長く勤める傾向があることから主任や薬剤部長といったポジションはなかなか空かず、ヒラからなかなか脱出できないなんて職場もあります。そんな厳しいお給料状況を持つ病院薬剤師ですが、それでも人気なのはやはりそのやりがいの大きさです。

特に国立や公立の大学病院に勤務すれば、長期戦力として手厚い教育制度があったり、サポートが充実していたり、長く勤務できる上に最新の医療に関わることができます。それでもやっぱりできるだけ収入を大きくしたい…と考えるなら、転職をすることも選択肢の一つです。

自分がどのような薬剤師を目指すのかを十分に考えた上で、これからのキャリアプランを考えましょう。 転職には専門の求人サイトを利用するのが一番です。検索もしやすく、自分の希望条件に合った求人を探すのに非常に効率的です。おススメサイトを下から紹介しますね。