病院薬剤師の仕事内容は?

薬剤師の職場はいくつかありますが、その中でも医療に最も関われて、スキルアップが目指せるという点で病院薬剤師は人気があります。病院に勤務する薬剤師はどんな仕事内容を担っているのか、見ていきましょう。

まずは薬剤師のメインの仕事である調剤を行います。外来の患者さんに対し、医師の処方箋に沿って調剤します。患者さんに服薬方法や注意点等をきちんと伝え、患者さんから薬に関する相談があれば対応していきます。

しかし、医薬分業が進み、病院ですべて調剤がされる時代は終わりました。ほとんどの外来の患者さんは処方箋をもらって調剤薬局へ行くので、病院薬剤師は他の業務に比重を置くことが可能になりました。それは入院の患者さんへのきめ細かな対応です。

入院の患者さんへの調剤はもちろん、服薬指導も行います。服薬歴やアレルギー、食事内容等について確認も行い問題が起きないよう事前に対策を取ります。そして、調剤薬局と違うのはその後の患者さんの服薬経過を確認していくことができることです。体内の薬の動きを調べて効果を確認し、その後の薬を調整したりします。

患者さんの回復が確認できれば、やりがいにも繋がっていくでしょう。患者さんと接する機会も多いため、コミュニケーションを取る機会も断然増えます。患者さんに不安が残らないように説明したり、相談に乗ったり、服薬後に不快感などの異常がないか等些細なことでもしっかりと組み取って調剤をしていく必要があります。

また、病院では医師、看護師、臨床検査技師等の他の職種とチーム医療を進めていきます。会議等にも参加し、薬剤師の立場から効果的な提案と対処をしていく役割を持ちます。さらに、調剤薬局では扱わない薬剤を扱う機会も増えます。注射薬もその一つです。急性の患者さんに使われるケースが多いので、より慎重さが必要です。

また、抗がん剤などの化学治療療法に使われる薬剤もすべて病院薬剤師が準備します。 その他にも、救命救急に関わったり、治験に関わったりと、医療の様々なシーンで活躍する機会があり、最新の医療知識が身に着くだけではなく、医療従事者として大きな経験を積んでいける職場であると言えます。

もちろん、病院に保管している医薬品の管理や、患者さんの薬歴管理、医薬品情報の管理等の管理も担当します。このように、病院薬剤師の仕事内容は非常に幅広いと言えます。

薬剤師として最もスキルアップが望める環境を望むなら、病院薬剤師を目指してはいかがでしょうか?求人を探すなら専門求人サイトの利用が断然効率的です。おススメサイトを下のリンクから是非チェックしてみてくださいね。

<関連サイト>
https://www.fpa.gr.jp/pharmacist/