薬剤師、職場別の収入を比較

薬剤師の資格を生かした仕事には、病院薬剤師、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社への就職などが考えられます。 それぞれ条件が違いますので、最も自分に合った職場を探すことが大切です。

まず、収入の面からみていきましょう。 年収でいうと、病院薬剤師と調剤薬局に勤める場合には400万円~650万円、ドラッグストアでは400万円から700万円、製薬会社では400万円~800万円と言われますが製薬会社では営業成果によってはそれ以上の収入が見込めます。

いずれにしても最低年収が400万円ですから、薬剤師は高収入であることがわかります。 平均で言うと、月収で37万円、パートやアルバイトの時給だと2100円くらいだそうです。 一般企業と比べるとやはり高額です。

仕事内容を考えると、病院薬剤師も調剤薬局も、主な仕事は医師が書いた処方箋を元に、患者さんの薬を調剤し、説明を加えて渡すことですので同じような収入になります。 国立病院の薬剤師だと公務員の立場も加わるため、もう少し年収が高くなるようです。 しかし、長く勤めても仕事内容はあまり変わらないため、長く勤めた分のベースアップ以上の昇給機会には恵まれないかもしれません。

ドラッグストアの場合も、処方箋による患者さんへの調剤が薬剤師として求められる仕事なので、最低賃金は同じような額になります。 ただ、ドラッグストアの場合には、店長や管理薬剤師のように薬剤や従業員の監督する立場になると年収が多くなります。

それ以外の場合には、やはり昇給機会には恵まれません。

製薬会社の場合には、仕事内容は多岐にわたるため職種が細分化されます。 したがって、その職種によって収入の面ではばらつきがでてきます。 研究職では1000万円になるという話もあります。

製薬会社の営業職ともいえるMRだと成果給もありますので、やはり1000万円前後という場合もあります。 また、よく名前を聞く一流企業のトップ3ですと、業種にかかわらず平均年収は40歳代で1000万円前後というデータがあります。 トップ3でなくとも、有名企業の場合には40歳前後の平均年収は800万円前後のようですので、やはり高給だと思います。 薬剤師として最も給料が高いのは、やはり製薬会社に勤めている場合でしょう。

これらの年収は全てボーナスを加えた金額です。 今ではボーナスが支給されない企業も増えていますので、もらえるだけでも嬉しいものです。 病院やドラッグストアでも、業績が良いところは多く支給されますが、経営が厳しいところになりますとほとんど支給されないところも出てきています。 転職先を探す時にはその点も、しっかりとチェックする必要があります。 もちろんボーナスは正社員しか支給されません。

職場を選ぶ際には、やはりこれらの条件は大切です。 もちろん、高給の仕事にはそれ相応の内容が求められますので、給与だけでは決められません。 しかし、その分も加味して職場選びをしてみてはいかがでしょうか。