病院薬剤師に必要なスキルとは?

薬剤師の中でも病院に勤める薬剤師は業務の幅も広く、チーム医療の一員となって専門分野としての責任を背負う事になります。

多忙な業務に比べて収入が低い傾向がある病院薬剤師ですが、多くの経験と実績を積める職場という事から人気は決して低くは無く、それを示すように病院薬剤師の求人募集数は空きが出にくく他の薬剤師の職場に比べて多くはありません。

新卒の薬剤師の方にとっても、まずは病院勤務で経験を積んでから…と考える方も多いようです。 病院では、カルテに目を通す事も可能ですし、ベッドサイドでの服薬指導では患者さんと密接に関わり合う事が出来ます。医療に携わる人間として、基礎的且つ根本的な事を経験できるわけです。

薬についての知識や技術、適切な判断力はもちろんですが、病院薬剤師の特徴とも言えるチーム医療での経験は、他の職場では体験できないものです。時には医師や看護師へ薬剤師としての専門的な見解を述べる事もあるでしょう。

調剤薬局でしか働いた事の無い薬剤師の方もいらっしゃいますが、恐らく病院薬剤師を経験した方と比べると、知識や経験はそれに満たないケースが多いのではないでしょうか。

さて、地方では現在でも買い手市場の薬剤師求人ですが、すでに都心では求人数に対して薬剤師の数が満たされており、今後は飽和状態になるのではという声も聞かれるようになりました。 これから薬剤師としてのスキルを高めて行かなければ、他の薬剤師との競争に勝てないという現実が将来的にあるかもしれません。

在宅医療を行う病院では、薬剤師の業務の多様化も検討されており、今後は病棟業務だけではなく在宅患者への服薬指導・支援が必要となるという意見もあります。病院薬剤師としてスキルを磨きながら業務の多様化に対応していく事が求められるでしょう。

しかし、病院薬剤師としての業務が多様化したとしても、一番重要なのはコミュニケーション能力です。 患者さんへの服薬指導はもとより、医療チームとして医師や看護師、その他の分野のエキスパート達との連携を図るには、このコミュニケーション能力は欠かすことの出来ないものなのです。

同じくらいの知識と経験を持った病院薬剤師ならば、コミュニケーション能力が高い方を雇い入れるはずですし、場合によっては知識や経験よりも重要と考える雇用者もいるでしょう。

現在の職場で患者さんとなかなか関わり合えないと感じていらっしゃるなら、もっと密に関わりあえる職場でコミュニケーションスキルを高めるのも将来的にはありだと思います。 気になる方はこちらの転職サイトで、業務の詳しい内容をチェックしてみて下さい。