病院薬剤師はサービス残業が多い?

一般の方が病院に勤めている薬剤師酸を見ると、国家資格を持ったスペシャリストだし、きっと高収入なのだろうなという印象を持たれるかもしれませんが、実際は看護師と同じように夜勤や当直もありますし、残業だってこなさなくてはなりませんよね。

更に研修や論文発表などを求められる場合もあります。多忙な日々の合間をぬっての参加となり、病院薬剤師のプライベート時間をより圧迫させてしまい兼ねません。

調剤薬局等でもこうした勉強会はありますが、勤務時間としてカウントされる調剤薬局に対して、病院では自分の為の勉強という色が強く勤務時間から除外される傾向があるのです。その場合はもちろん給料に加算されることはありません。

こういった給料体制に関しても難色を示す病院薬剤師は多く、転職の理由の一つとなっています。勤務年数によっては看護師と変わらない若しくは看護師を下回ってしまうケースもあるのではないでしょうか。

一般的に病院勤務の薬剤師の給料は他の薬剤師の職場と比べて低い傾向が見られますが、それは勤務先の病院またはその地域によって非常に差があるという事はご存じの事だと思います。

小規模クリニックに勤務する薬剤師の例では、地域に薬剤師が少ない為にとても重宝され、夜勤はもちろん残業もほとんどない勤務体制でも平均以上の年収を与えられている薬剤師の方がいらっしゃいます。

しかし、その一方では、中規模の病院に勤務する薬剤師が毎日2時間のサービス残業を行っていても残業手当をもらった事が一度も無いといったケースもあるのです。多忙さに比例しない収入というのは、いくら医療や社会に貢献する仕事とはいっても、薬剤師の方のやる気を損ないかねませんよね。

入院施設がある病院の場合は残業があるのは致し方ない事ですが、病院に限らずどんな職場でもサービス残業が許されるはずはありませんので、まずはそのような職場に就職しないように気をつける事が望まれます。

特に残業に関しては、それぞれに定義が違う場合もあります。1時間の残業といえば、薬剤師の方の時給にしてみると2000円を超えるはずですが、雇用者によっては1時間なんて残業の内に入らないと考える人もいるのです。

就職する前の事前調査は、募集要項等を確認しても把握できない事もありますし、自分ではなかなか聞きづらい内容もあるでしょう。こちらの転職サイトのアドバイザーやコンサルタントに、しっかりとした職場調査を依頼してみてはいかがでしょうか。 失敗しない就職・転職は、安易に決めずにプロに任せるのが一番です。