企業薬剤師の求人と仕事内容は?

薬剤師の免許を生かした職場として、まず思い浮かぶのは病院などの医療機関です。 また、薬剤師免許を生かした職場として最も多い人数を集めているのが、ドラッグストアや調剤薬局だそうです。 その中で、薬剤師の資格を生かす就職先のひとつに、企業という選択もあります。

企業への就職には製薬会社が考えられます。 製薬会社の中での仕事としては、新薬の開発、治験コーディネイター(CRC)、治験モニター・臨床開発モニター(CRA)、MR、DI業務等が考えられます。 ひとつひとつ説明していきたいと思います。

まず、新薬の開発ですが、ひとつの新薬を完成させるためには長い年月と莫大な研究費がかかります。 臨床試験を繰り返し、認証を得るまでに10年かかるといわれています。 経済がグローバル化している現代では、競争相手は世界中の製薬会社となっていますので、新薬開発にかける金額と時間はますます大きくなってきています。

薬に関わる仕事の中でも、会社の命運をかけた、いわば花形の仕事です。 ですから、仕事には常に高い能力が求められます。 目指すならば、大学院を卒業し、修士学位を持っている方が有利です。 また、就職がゴールではなく、働きながら「新薬を開発したい」というモチベーションと努力を続けることが大切になるでしょう。

開発された新薬は、薬の効果を確認するための治験という過程を経ます。 確認するためには病院と協力し、患者さんに被験者になってもらい、新薬の最も適切で効果をあげられる投与を探り、データを取ります。 そのための、病院と製薬会社との橋渡しや患者さんのサポートをしていくのが治験コーディネイター(CRC)の仕事です。 患者さんとふれあい、新薬の効果を実感することができる非常にやりがいのある仕事でしょう。

治験モニター・臨床開発モニター(CRA)とは、治験から新薬申請までの諸手続きを進める仕事です。 新薬の開発から承認までには多くの時間がかかり、たくさんの手続きをふむことになりますので、それらを迅速に進めることがCRAの仕事となります。 業務内容には治験の医療機関を選定から、進捗の確認、治験データの収集等も含まれています。

MRとは、医薬情報担当者のことをいい、病院から自社の医薬品による副作用などの情報を集める仕事です。 病院から情報を集めるだけではなく、自社の医薬品を適正に使用してもらうための情報を病院へ提供する仕事も同時に行っています。

医薬品メーカーの営業職という言われ方もしていますが、薬を売ることだけが仕事ではありません。 しかし、MRになるためには必ずしも薬剤師の資格は必要ではなく、現在はほとんどのMRは薬剤師資格を持っていません。 しかし、MRとして働くにおいて、薬学の知識は役に立ちますし、患者さんにとっては薬による治療を進める大切なアドバイザーとなりますので、やりがいの大きな仕事です。

DI業務とは、医薬品情報のスペシャリストです。開発から治験、服用までのあらゆる段階の医薬品情報を収集し、必要とする広い範囲へと集めた情報を的確な形で提供するのがその仕事です。 提供する先は企業内にとどまらず、現場の病院や厚生労働省をはじめとする各行政機関へと情報を発信します。

これらからわかるように、製薬会社での業務は細分化され、専門性が強くなっています。 したがって、自分が希望する業種があっても、その就職情報をくまなく集めることはなかなか難しいことです。 ましてや転職情報であればなおさらそれは困難になります。 その点、薬学専門の情報サイトを利用すると、短時間でより多くの情報を集めることができるでしょう。