病院薬剤師、チーム医療における役割とは?

病院薬剤師の仕事は調剤薬局などの薬剤師の単独業務とは違い、医師や看護師、栄養士などそれぞれの分野のエキスパートが一体となって患者さんの治療にあたるチーム医療が基本となります。

これまでは、先頭に立つ医師が処方や治療方法を決めて各方面へ支持を出し、それに基づき各専門分野が専門業務を行うのが一般的でしたが、近年の医療分野の多様化にともなって、各専門分野の見解も治療方針の決定に必要とされるようになりました。

時には患者はもとよりその家族の方もチームの一員となって治療を進めて行く事もあり、病院施設によってそのチームの内容は多種多様です。

そのチーム医療の一員として確立されている病院薬剤師の役割は、まず処方箋が適正かどうかの監査に始まり、薬剤の調整と更にその調剤薬の監査を正しく行います。そして最後に患者さんへ交付して場合によっては服薬指導を行うものです。

このいくつかの工程の中で処方に疑問が生じたら、直ちに医師や看護師など各分野の医療従事者に疑義紹介を行わなければなりません。これこそが、チーム医療の一旦であり薬剤師としての役割なのです。 万が一、患者さんにとって処方してはいけない薬が処方されてしまえば重大な病症を引き起こしてしまう可能性もあります。

最終的に処方箋の確認をするのは病院薬剤師なのですから、その責任は決して軽いものではありません。 チーム医療を取り入れる病院施設が増えたのも、こういった調剤過誤や医療ミスを発見・防止できるという理由があるからに違いないでしょう。

病院薬剤師は医師がどのような意図でその患者さんにこの処方箋を出したのか?併用しても良いのか?など、薬剤のスペシャリストとしての監査が求められます。時には、医師へ見解を述べ、お互いが納得できるまで議論を交わす事もあるでしょう。

患者側からは見えない作業や業務ではありますが、正しい医療を行うためには重要な工程であり、病院薬剤師ならではのやりがいの持てる業務となります。 この他、注射剤の処方に関しても、他の職場には無い病院薬剤師の重要な業務ですね。調剤薬局などにしか勤務していない薬剤師の方は、取り扱った事のない薬剤のはずです。

このように、他の薬剤師の職場には無い専門性を活かせますし、いろんな分野のスペシャリストとも深く関わっていきますので、治療の質を向上させていくこととともにスキルに磨きをかけて行く事が可能なのです。

病院薬剤師の仕事に興味のある方は、こちらの転職サイトご覧になって下さい。いろんな病院施設からの募集がありますので、参考になるかと思います。