病院薬剤師ならではの仕事、注射薬調剤とは?

病院薬剤師の特徴は、「調剤」「管理」「説明」の基本的な業務に加えて、入院患者さんへ直接かかわりながら服薬指導を行う業務と、注射薬を取り扱う業務があるという事があげられます。 新卒の薬剤師の方の多くが病院勤務を望まれるのも、この2つの特別業務で経験値を上げたいと考える方が多いからだと言われています。

注射薬が必要となる場合は、薬を口から服用できない患者さんや薬量の調節管理が必要な患者さん、緊急性があり急速に効果を出す必要がある患者さん等に対応する時です。病院薬剤師は、この注射薬の処方箋の受付から点検と確認、疑義照会、調剤、鑑査、交付までを責任もって取り行わなければなりません。

調剤に関しては必ず無菌で行い、配合変化の防止などにも気をつけながらの作業となります。注射器・薬剤の品質保持に加えて、その処方内容が患者さんにとって適正なものかなどの確認はとても重要な業務です。

処方内容に不審な点があれば担当医師へ直接問い合わせる必要があり、疑問点を適切に挙げて丁寧かつ納得させられる言論能力も求められる事になります。逆に医師から専門的な質問を受ける場合もあるでしょう。

医師や看護師との連携はもとより、各分野での専門的な知識も備えておく必要があるのです。 注射薬は内服薬とは違い薬の作用が非常に強いものとなります。それを直接的に患者さんに投与するわけですから、決して間違いがあってはいけません。多くの注意と重い責任がのしかかります。

しかし、最初は教育係の薬剤師との作業になるかと思いますが、病院薬剤師を経験しておけば薬剤以外の根本的な医療知識も身について行くはずです。スキルアップを考えていらっしゃる薬剤師の方にとってはとても良い環境と言えます。

一般企業や調剤薬局、ドラッグストアなど、薬剤師の職場は多岐にわたりますが、病院薬剤師ほど医療の現場に密接した職場はありません。 結婚や出産等を機に転職される場合もあるかと思いますが、その際には病院勤務の経験を買われるはずですし、調剤はもとより医師からの信頼を得られ患者さんとのコミュニケーションにもきっと役立つ事でしょう。

薬剤師の在り方としては、根本的に医療に貢献するという事があると思います。それを身近に感じられるのが病院薬剤師ではないでしょうか。 病院施設での仕事は、薬剤師として一度は経験しておきたい職場ですね。