病院薬剤師の勤務時間・休日について

薬剤師として病院で働く際は、どのような勤務時間、休日体制になっているのでしょうか。 基本的には8時間勤務となっている病院が多いです。例えば病院の開院時間に合わせて8時~17時、またはこの時間帯から少し前後して設定されている場合がほとんどです。この時間内に多くの調剤業務、病棟業務、管理業務、医師や看護師との連携業務等をこなします。

入院の患者さんを受け入れている病院であれば24時間休むことなく病院の管理機能が動き続け、患者さんの治療を守る必要があります。そして、急患が搬送される際や、入院の患者さんの容態が変化した際には対応していかなければなりません。

病院勤務の薬剤師もその役割を担う必要があります。よって、病院によっては夜勤が避けられなくなります。ほとんどの場合シフト制になっており、日勤が8時~17時、そして夜勤が17時~翌9時といったような形になり、一人あたり月に2、3回夜勤を行うのが平均です。

もちろんそういった病院は、週末や祝日も管理機能を休ませることはありませんので、休日出勤する必要がでてきます。その際は代休を取らせる病院もありますし、もともと4週6~8休など不規則に休日がシフト制で決められているケースもあります。

シフト制の場合は、前もって上司と予定の相談をして融通を利かせてもらえることもありますし、同僚とシフトを替えてもらうこともできます。よって、薬剤師の人数が多い病院程、希望通りの休日を確保できやすいと言えます。

夜勤や休日出勤の場合は時間外手当が付くことがほとんどです。それに、たいていの場合は一人で病院全部の薬剤師業務を担うことになり、日勤の多忙さはありませんが責任がさらに重くなります。

そして、病院では営業時間が終了したからと言ってすべての業務がそこで終わるわけではありません。患者さんの具合や治療状況によっては対応が伸び、残業が発生する場合もあります。また、研修や勉強会がある場合も、営業時間外に行われるので残業が発生します。

病院の規模や診療科によってその特色は大きく異なってきますので、すべての病院に夜勤、休日出勤、残業があるわけではありません。また、その特色によって薬剤師の役割も大きく変わってきますので、求人を選ぶ際には十分な注意が必要です。

現在の職場の勤務体系に不満がある、もしくは病院に勤務したいけれど勤務体系が心配といった方は専門求人サイトを利用した転職を検討してみるのはいかがでしょうか?専門のコンサルタントが求人先の勤務体系まで十分に調べてくれますので、安心して応募することができます。おススメサイトを下のリンクから是非チェックしてみてくださいね。