病院薬剤師、アルバイト(パート)・派遣でも働ける?

医療に最も携われる職場であり、高度な経験と知識、そしてやりがいが得られる病院勤務の薬剤師は非常に人気があります。ですが、求人数も少ないことから狭き門であることも確かです。

出産・育児等の諸事情で職場を離れ、時間に柔軟性を持ちながら働きたいといった人もいるでしょうし、正社員としては難しくてもどうしても病院で働いてみたいといった薬剤師の方もいるでしょう。病院薬剤師でアルバイトや派遣等の非正規雇用形態で働くことはできるのでしょうか?

もちろん調剤薬局やドラッグストアに比べたら求人数はグンと減りますが、非正規雇用の募集はあります。そして、やはり育児をしている薬剤師の方にとても人気となっています。

アルバイトの場合、時給は最低でも1800円、2000円前後が相場になっています。夜勤のアルバイトなら2000~3000円と高額になり、医療機関によっては勤務形態の厳しさから日給25000~30000円といったところもあります。

派遣についてですが、実は薬剤師の派遣は労働者派遣法によって禁止されています。ですが、一定期間の派遣後に双方の同意で正社員として雇用することを前提とする紹介予定派遣なら、薬剤師の派遣も許可されています。

派遣はアルバイトに比べれば時給が高いところが魅力です。正社員前提ですし、アルバイトよりは時間の融通は利きませんが、病院薬剤師としての勤務をしっかり努めたい人にはチャンスがあれば是非つかみたいです。しかし、実際は薬剤師派遣のほとんどが調剤薬局への派遣がほとんどで病院ではあまり募集していないのが現状です。

もう一点注意しなければならないのは、アルバイトで就業した際の仕事内容についてです。多くの病院は24時間体制で動いていますので、数時間のみ勤務するアルバイトにはあまり重要な仕事は任せない傾向があります。 扶養の範囲で働く人も多く、その場合4時間勤務の人が多くなりますので、入院患者さんの調剤、服薬指導等を行う病棟業務や医師や看護師との連携を任せるのは非常に厳しくなってきます。

よって、アルバイトの仕事内容は指示された薬剤のピックアップ程度に留まるケースが非常に多くなっています。これでは病院薬剤師として活躍したいと高い志を持つ方なら、ひどく物足りないものになってしまいますので、就業前には仕事内容を十分に確認しましょう。

薬剤師の働き方は様々です。自分の生活に合わせて勤務形態を変える必要がある時もあるでしょう。病院薬剤師としてアルバイトや派遣で働くことをお考えなら、専門の求人サイトで募集を探すのが最も効果的ですよ。下のリンクからおススメサイトを訪ねてみてくださいね。