病院薬剤師に強い求人サイトは?

薬剤師の職場の中でも、より医療に携わることができるのが病院です。最先端医療が行われる現場では、今まで以上に薬剤師としてのスキルや自信を身につけることができるでしょう。病院の規模や取り扱う診療科によって仕事内容や雇用条件は異なりますので求人をお探しの際は注意が必要です。

ここでは病院の薬剤師求人を選ぶ上で、最も気をつけたい2点をあげたいと思います。

最初に、病院の規模をチェックすることです。病床数が500以上等の大きな病院の場合、仕事の領域も薬剤師の数も多くなってしまうため、仕事の分担化が進められていることが多くなっています。

<関連サイト>
薬剤師求人うさぎ!~ 薬剤師の求人・転職を応援するサイト

そうなると、様々な経験が積めると思い病院に勤務しても毎日同じことを繰り返すようになるかもしれません。調剤を担当したら調剤を毎日繰り返すことになります。病棟業務などはベテランのみが担当するなんて職場もあります。

もちろん分担化されたほうが仕事がやり易い方もいますし、自分がどのように働きたいかを考える必要があります。分担化されるのではなく、患者さんと触れ合いながら、幅広い業務が行いたいという場合は大規模な病院よりも分担化されていない傾向が強い小規模な病院を選ぶと良いでしょう。

また、外来患者の対応に忙しい病院もありますので、病棟勤務をメインに希望するのならば「院外処方病院」と紹介している求人を選びましょう。

続いて2点目ですが、病院が総合病院か専門病院か確認する点です。総合病院であれば福数の診療科目がありますので、非常に幅広い病態と医薬品を取り扱うことになります。仕事の幅も広がり広範囲に渡る知識と経験を積むことができます。勉強会等にも参加すればさらに知識が広がります。

一方、専門病院であれば、自分の薬学に対する専門性が一気に高まります。研究思考の方には非常に適した職場です。さらに一定期間働くことで日本糖尿病療養指導士などの受験資格を得ることもできますし、難関であるそれぞれの認定薬剤師の資格取得に向けてかなり有利になるでしょう。

病院の特色によっても薬剤師の担当内容、仕事内容も大きく変わってきますので事前にしっかり把握しておく必要があります。

病院勤務はしっかりお休みをとれるの?

病院勤務で心配なのはその勤務時間や休日です。入院の患者さんがいたり、急患の搬送を受け付けている場合は、病院は24時間体制で動かなくてはなりません。よって、夜勤や休日出勤が避けられない場合があります。どうしても夜勤を避けたい場合は、療養型や慢性期型の病院を選ぶなど病院の特徴を十分に把握し選ぶ必要があります。

また、長く勤務を続けるためには休暇の取りやすさも十分にチェックが必要です。休暇が取れない職場では体力的・精神的にも疲弊しますし、休暇が取れないといった事態は人材不足や人間関係のこじれが原因である場合もあります。

さらには女性が多い薬剤師なだけに、長く仕事を続けるためにも産休や育児中の勤務条件等も確認しておくことも考えておきましょう。こういった病院の規模や特徴、職場環境に関しては職場見学ができれば一番ですが、なかなか機会はありませんので、専門の転職サイトのコンサルタントに確認するのが最も効果的です。

専門コンサルタントは現場に詳しく、質問があれば直接確認も取ってくれますので、安心して情報収集をすることができます。病院薬剤師の求人は調剤薬局等と比べるとかなり少なく、その上人気も高い上狭き門となっています。

せっかく採用されても自分の希望と違う仕事内容だったり、勤務体系が合わなかったりして辞めてしまうようでは非常にもったいないことです。よって、事前によくチェックして自分に合った求人を見つけてくださいね。民間の求人支援会社を使いたくないという方は、以下のような地元の薬剤師会もオススメです。